過失往来危険罪(かしつおうらいきけんざい)

【法令・条文】

第129条第1項

過失により、汽車、電車若しくは艦船の往来の危険を生じさせ、又は汽車若しくは電車を転覆させ、若しくは破壊し、若しくは艦船を転覆させ、沈没させ、若しくは破壊した者は、30万円以下の罰金に処する。

第129条第2項

 その業務に従事する者が前項の罪を犯したときは、3年以下の禁錮又は50万円以下の罰金に処する。

 【法定刑】

  • 30万円以下の罰金(第1項)
  • 3年以下の禁錮又は50万円以下の罰金(第2項)

【解説】

過失往来危険罪(刑法第129条第1項)とは、過失によって、汽車・電車・艦船の往来の危険を生じさせ、又はそれらを転覆・沈没・破壊させることによって成立する犯罪です。
業務上過失往来危険罪(刑法第129条第2項)とは、業務に従事する者が過失往来危険罪を犯すことによって成立する犯罪です。
「業務に従事する者」には、汽車・電車・艦船の交通往来に直接従事する者及び間接に従事する者の双方が含まれます。
前者の例としては、機関手、運転手、航海士等があります。
後者の例としては、駅長、信号係、保線係等があります。
同罪も、具体的な危険の発生を要する具体的危険犯です。

関連記事

水道汚染(すいどうおせん)

【法令・条文】 刑法第143条 水道により公衆に供給する飲料の浄水又はその水源を汚染し、よって使用することができないようにした者は、6月以上7年以下の懲役に処する。   【法定刑】 6月以上7年以下の懲役 【解説】 水道 … 続きを見る

浄水汚染(じょうすいおせん)

【法令・条文】 刑法第142条 人の飲料に供する浄水を汚染し、よって使用することができないようにした者は、6月以下の懲役又は10万円以下の罰金に処する。 6月以上の懲役 10万円以下の罰金   【解説】 浄水汚染罪とは、 … 続きを見る

あへん煙等所持(あへんえんとうしょじ)

【法令・条文】 刑法第140条 あへん煙又はあへん煙を吸食するための器具を所持した者は、1年以下の懲役に処する。 【法定刑】 1年以下の懲役 【解説】 あへん煙等所持罪とは、あへん煙及びあへん煙吸食器具を所持することによ … 続きを見る