被害届・告訴・告発

被害届とは、告訴とは、告発とは

被害届・告訴・告発は、一般的には混同されがちで、意味や違いの分かりにくいところです。

被害届を出すことは、被害者が捜査機関に対し犯罪に遭った被害の事実を申告することをいいます。

告訴とは、犯罪の被害者その他一定の者が、捜査機関に対して犯罪事実を申告し、犯人の処罰を求める意思表示をいいます。

告発とは、告訴権者及び犯人以外の第三者が捜査機関に対して犯罪事実を申告し、犯人の処罰を求める意思表示をいいます。

被害届・告訴・告発の共通点

被害届も告訴も告発も、捜査機関に対して犯罪事実を申告する点で共通しており、これらがきっかけとなって、捜査機関の捜査が開始されることがあります(捜査の端緒(そうさのたんしょ)と呼ばれます)。

被害届・告訴・告発の違い

被害届、告訴、告発の大きな違いは、その主体です。

被害届は犯罪の被害者、告訴は犯罪の被害者を含めた告訴権者が行い、告発は告訴権者と犯人以外誰でも行うことができます。

また、被害届は、犯罪事実の申告ですが、告訴と告発は、犯罪事実の申告だけでなく、犯人の処罰を求める意思表示であるという点も大きな違いです。

法的効果として、被害届では捜査機関に捜査義務が生じませんが、告訴・告発では捜査機関に捜査開始義務が生じます。

被害届

【主体】 犯罪の被害者

【手続き・方法】 実務上、警察官が被害者の話を聴きながら作成し、被害者が署名捺印する形が多い

【効果】 犯罪被害に遭った事実の申告

【期間制限】 特になし

告訴

【主体】 犯罪の被害者やその法定代理人、被害者死亡などの場合は一定の親族(刑事訴訟法第230条、第231条ほか)

【手続き・方法】 司法警察員(巡査部長以上の警察官)または検察官に対して書面または口頭で行う(同法第241条)。実務上は、告訴状を作成、提出することが多い

【 効果】 犯罪事実の申告及び犯人の処罰を求める意思表示。検察官から、起訴・不起訴の処分結果、不起訴の場合は不起訴理由の告知を受けることができる(同法第260条、第261条)

【期間制限】 強姦罪や強制わいせつ罪などの性犯罪を除いた親告罪(告訴がなければ公訴提起できない犯罪)について、期間制限(告訴期間)がある(同法第235条ほか)

告発

【主体】 誰でも(告訴権者及び犯人以外の第三者。刑事訴訟法第239条) 

【手続き・方法】 司法警察員(巡査部長以上の警察官)または検察官に対して書面または口頭で行う(同法第241条)。実務上は、告発状を作成、提出することが多い

【効果】 犯罪事実の申告及び犯人の処罰を求める意思表示。検察官から、起訴・不起訴の処分結果、不起訴の場合は不起訴理由の告知を受けることができる(同法第260条、第261条)

【期間制限】 特になし

 

 

 

弁護士法人中部法律事務所は、名古屋駅前徒歩4分の刑事事件に強い弁護士・法律事務所です。被害届・告訴状・告発状が提出されたなど、名古屋エリア(愛知・岐阜・三重)の刑事事件は、当法律事務所にご相談下さい。来所初回30分無料相談を実施しています。

関連記事

刑事事件の流れ

刑事事件の流れ刑事事件の発生から、第1審判決言渡しまでの大きな事件の流れです。図解 説明・解説①刑事事件の発生●被害者が警察に相談●届出(被害届・告訴・告発)●110番通報●職務質問や現行犯などにより、警察が刑 … 続きを見る

身柄事件と在宅事件の違い

身柄事件とは、在宅事件とは  身柄事件とは、被疑者・被告人の身体を拘束の上、捜査や裁判が進められる事件をいいます。 他方、在宅事件は、被疑者・被告人の身体を拘束せず、捜査や裁判が進められる刑事事件をいいます。   身柄事 … 続きを見る

刑罰の種類-懲役,禁固,罰金,拘留,科料,没収-

刑事裁判で有罪判決となる場合、判決主文で刑罰が言い渡されます。 刑罰の種類として、刑法第9条が「死刑、懲役、禁錮、罰金、拘留及び科料を主刑とし、没収を付加刑とする。」として、6種類の主刑と、没収という附加刑を規定していま … 続きを見る

判決の種類・執行猶予付き判決

  判決の種類・分類刑事裁判で言い渡される判決には、次表のとおり、いくつかの種類・パターンがあります。 その大きな分類は、有罪判決か無罪判決かです。 実務上は、多くの刑事裁判で有罪判決が言い渡され、犯罪の成立を争わない自 … 続きを見る

被害届・告訴・告発

被害届とは、告訴とは、告発とは 被害届・告訴・告発は、一般的には混同されがちで、意味や違いの分かりにくいところです。 被害届を出すことは、被害者が捜査機関に対し犯罪に遭った被害の事実を申告することをいいます。 告訴とは、 … 続きを見る

私選弁護人と国選弁護人の違い

私選弁護人とは、国選弁護人とは刑事事件の弁護人といえば、私選弁護人と国選弁護人。ただ、これらの違いは一般的には分かりにくいところです。私選弁護人とは、ご本人(被疑者や被告人とされている方)やご家族が、委任契約に基づいて弁 … 続きを見る

逮捕と勾留の違い

逮捕とは、勾留とは逮捕は、ニュースなどでもよく使われていますが、勾留は、あまり聞き慣れず、逮捕との違いも一般的には分かりにくいところです。逮捕とは、被疑者に対する短時間(最大72時間)の身体拘束をいいます。逮捕は、逮捕状 … 続きを見る

前科・前歴の違い

前科とは、前歴とは 前科と前歴は、一般的には混同されがちですが、刑事事件、刑事弁護では、全く異なるものです。 前科とは、有罪判決を受けた経歴のことをいいます。 懲役刑・禁錮刑だけでなく、罰金刑であっても、有罪であれば前科 … 続きを見る