刑事事件の流れ

刑事事件の流れ刑事事件の発生から、第1審判決言渡しまでの大きな事件の流れです。図解 説明・解説①刑事事件の発生●被害者が警察に相談●届出(被害届・告訴・告発)●110番通報●職務質問や現行犯などにより、警察が刑 … 続きを見る

身柄事件と在宅事件の違い

身柄事件とは、在宅事件とは  身柄事件とは、被疑者・被告人の身体を拘束の上、捜査や裁判が進められる事件をいいます。 他方、在宅事件は、被疑者・被告人の身体を拘束せず、捜査や裁判が進められる刑事事件をいいます。   身柄事 … 続きを見る

刑罰の種類-懲役,禁固,罰金,拘留,科料,没収-

刑事裁判で有罪判決となる場合、判決主文で刑罰が言い渡されます。 刑罰の種類として、刑法第9条が「死刑、懲役、禁錮、罰金、拘留及び科料を主刑とし、没収を付加刑とする。」として、6種類の主刑と、没収という附加刑を規定していま … 続きを見る

判決の種類・執行猶予付き判決

  判決の種類・分類刑事裁判で言い渡される判決には、次表のとおり、いくつかの種類・パターンがあります。 その大きな分類は、有罪判決か無罪判決かです。 実務上は、多くの刑事裁判で有罪判決が言い渡され、犯罪の成立を争わない自 … 続きを見る

被害届・告訴・告発

被害届とは、告訴とは、告発とは 被害届・告訴・告発は、一般的には混同されがちで、意味や違いの分かりにくいところです。 被害届を出すことは、被害者が捜査機関に対し犯罪に遭った被害の事実を申告することをいいます。 告訴とは、 … 続きを見る

私選弁護人と国選弁護人の違い

私選弁護人とは、国選弁護人とは刑事事件の弁護人といえば、私選弁護人と国選弁護人。ただ、これらの違いは一般的には分かりにくいところです。私選弁護人とは、ご本人(被疑者や被告人とされている方)やご家族が、委任契約に基づいて弁 … 続きを見る

逮捕と勾留の違い

逮捕とは、勾留とは逮捕は、ニュースなどでもよく使われていますが、勾留は、あまり聞き慣れず、逮捕との違いも一般的には分かりにくいところです。逮捕とは、被疑者に対する短時間(最大72時間)の身体拘束をいいます。逮捕は、逮捕状 … 続きを見る

前科・前歴の違い

前科とは、前歴とは 前科と前歴は、一般的には混同されがちですが、刑事事件、刑事弁護では、全く異なるものです。 前科とは、有罪判決を受けた経歴のことをいいます。 懲役刑・禁錮刑だけでなく、罰金刑であっても、有罪であれば前科 … 続きを見る

保釈と釈放の違い

釈放とは、保釈とは釈放は、一般的な言葉の意味として、身体拘束から解放されることをいいます。逮捕、勾留、懲役刑や禁固刑の執行などによって留置場や拘置所、刑務所などから出られること、身体解放されることを釈放といいます。これに … 続きを見る

刑事事件で家族ができること、家族の権利

家族が刑事事件を起こした場合、本人以外の家族ができることは、たくさんあります。刑事事件で家族ができることや家族の権利、それらの実現方法・手続きをまとめてみました。社会生活のフォローご本人が逮捕・勾留されると、ご本人はそれ … 続きを見る