逮捕と勾留の違い

逮捕とは、勾留とは

逮捕は、ニュースなどでもよく使われていますが、勾留は、あまり聞き慣れず、逮捕との違いも一般的には分かりにくいところです。

逮捕とは、被疑者に対する短時間(最大72時間)の身体拘束をいいます。
逮捕は、逮捕状による通常逮捕によるのが原則ですが、その例外として現行犯逮捕と緊急逮捕があります。

これに対し、勾留とは、逮捕に引き続いて行われる被疑者または被告人に対する比較的長時間・長期の身柄拘束をいいます。
勾留は、勾留状を必要とし、例外はありません。
起訴前の被疑者に対する勾留(起訴前勾留、被疑者勾留と呼ばれます)と、起訴後の被告人に対する勾留(起訴後勾留、被告人勾留と呼ばれます)、2段階の勾留があります。

逮捕と勾留-被疑者・被告人の権利・その他具体的な取り扱いの違い-

被疑者や被告人にとっては、身体拘束され、警察の留置施設や拘置所などの刑事施設に収容されるという点では、逮捕も勾留も同じです。
身体拘束される被疑者・被告人にとっての具体的な違いは、次表のとおりです。

【逮捕】× 接見・面会
× 国選弁護人
× 保釈
主な拘束場所:警察署の留置施設(代用監獄と呼ばれています)
主な手続き:警察官による取り調べ、検察官による取り調べ 
拘束期間:最大72時間
【被疑者勾留・起訴前勾留】○接見・面会
○一定の重大事件について国選弁護人
×保釈
主な拘束場所:警察署の留置施設(代用監獄と呼ばれています)
主な手続き:警察官による取り調べ、警察官による取り調べ、引きあたり捜査などの各種捜査
拘束期間:原則10日、最大10日間の延長可
【被告人勾留・起訴後勾留】○接見・面会
○国選弁護人(すべての事件)
○保釈
主な拘束場所:拘置所
主な手続き:公判への出廷
拘束期間:刑事裁判終了まで

○ 逮捕について

・拘束時間が短いため、弁護人以外との接見・面会は認められていません
・国選弁護人の利用はできません(国選弁護人は、一定の重大事件について勾留されてからでないと選任されません)
・保釈請求権がなく、保釈は認められません。
・逮捕は、捜査段階の手続きですので、通常、逮捕中に、警察官や検察官による取り調べを受けます。また、捜査上の便宜等のため、通常、収容先が警察署内の留置施設になります。
・逮捕は、最大72時間までしかできず、制限時間内に勾留請求するか、釈放するかしなければなりません。

○ 被疑者勾留・起訴前勾留について

・弁護人以外も接見・面会可能です(接見禁止命令が出ている場合を除く)
・死刑及び、無期懲役または長期3年を超えるの懲役、禁錮刑にあたる刑事事件で勾留された場合で、貧困等のため、私選弁護人を選任することが出来ない場合、国選弁護人の利用が可能です。
・保釈請求権がなく、保釈は認められません。
・被疑者勾留・起訴前勾留は、捜査段階の手続きですので、警察官や検察官から取り調べを受けるほか、引き当たり捜査や実況見分への立ち会いなど、各種捜査を受けることになります。また、捜査上の便宜等のため、通常、収容先が警察署内の留置施設になります。
・被疑者勾留・起訴前勾留は、原則として10日間勾留されます。ただし、その後1回、最大10日間の延長が可能です(内乱罪など一定の重大犯罪はさらに1回、最大5日間延長できます)。この期間内に、検察官は、起訴するか、釈放するかを決めなければなりません。

○ 被告人勾留・起訴後勾留について

・弁護人以外も接見・面会可能です(接見禁止命令が出ている場合を除く)
・すべての事件について、貧困等のため、私選弁護人を選任することが出来ない場合、国選弁護人の利用が可能です。被疑者段階で国選弁護人が付いていた場合、通常は、被疑者国選を担当した弁護士がそのまま被告人国選弁護人になります。
・被告人勾留・起訴後勾留は、公判段階(刑事裁判の段階)の手続きですので、原則として、捜査は行われません。捜査上の要請等がないため、通常、収容先は拘置所になります。
・被告人勾留・起訴後勾留の勾留期間は、起訴後、刑事裁判が終わるまで、保釈等が認められない限り、続きます。最初に起訴から2ヶ月間の勾留が決定され、裁判終了まで、1ヶ月毎に更新されます。第1審判決で、懲役刑や禁固刑の実刑判決が言い渡されなければ、釈放されます。

 

 

 

弁護士法人中部法律事務所は、名古屋駅前と春日井駅前にて、名古屋エリア(愛知・岐阜・三重)の刑事事件のご相談を受付しています。逮捕されたくない・勾留されたくない、弁護士と接見・面会したい、弁護士に接見・面会に行ってほしい、釈放のための弁護活動を行ってほしいなど、刑事事件に関するご要望は、刑事事件に強い弁護士・法律事務所にご相談ください。

関連記事

刑事事件の流れ

刑事事件の流れ刑事事件の発生から、第1審判決言渡しまでの大きな事件の流れです。図解 説明・解説①刑事事件の発生●被害者が警察に相談●届出(被害届・告訴・告発)●110番通報●職務質問や現行犯などにより、警察が刑 … 続きを見る

身柄事件と在宅事件の違い

身柄事件とは、在宅事件とは  身柄事件とは、被疑者・被告人の身体を拘束の上、捜査や裁判が進められる事件をいいます。 他方、在宅事件は、被疑者・被告人の身体を拘束せず、捜査や裁判が進められる刑事事件をいいます。   身柄事 … 続きを見る

刑罰の種類-懲役,禁固,罰金,拘留,科料,没収-

刑事裁判で有罪判決となる場合、判決主文で刑罰が言い渡されます。 刑罰の種類として、刑法第9条が「死刑、懲役、禁錮、罰金、拘留及び科料を主刑とし、没収を付加刑とする。」として、6種類の主刑と、没収という附加刑を規定していま … 続きを見る

判決の種類・執行猶予付き判決

  判決の種類・分類刑事裁判で言い渡される判決には、次表のとおり、いくつかの種類・パターンがあります。 その大きな分類は、有罪判決か無罪判決かです。 実務上は、多くの刑事裁判で有罪判決が言い渡され、犯罪の成立を争わない自 … 続きを見る

被害届・告訴・告発

被害届とは、告訴とは、告発とは 被害届・告訴・告発は、一般的には混同されがちで、意味や違いの分かりにくいところです。 被害届を出すことは、被害者が捜査機関に対し犯罪に遭った被害の事実を申告することをいいます。 告訴とは、 … 続きを見る

私選弁護人と国選弁護人の違い

私選弁護人とは、国選弁護人とは刑事事件の弁護人といえば、私選弁護人と国選弁護人。ただ、これらの違いは一般的には分かりにくいところです。私選弁護人とは、ご本人(被疑者や被告人とされている方)やご家族が、委任契約に基づいて弁 … 続きを見る

逮捕と勾留の違い

逮捕とは、勾留とは逮捕は、ニュースなどでもよく使われていますが、勾留は、あまり聞き慣れず、逮捕との違いも一般的には分かりにくいところです。逮捕とは、被疑者に対する短時間(最大72時間)の身体拘束をいいます。逮捕は、逮捕状 … 続きを見る

前科・前歴の違い

前科とは、前歴とは 前科と前歴は、一般的には混同されがちですが、刑事事件、刑事弁護では、全く異なるものです。 前科とは、有罪判決を受けた経歴のことをいいます。 懲役刑・禁錮刑だけでなく、罰金刑であっても、有罪であれば前科 … 続きを見る