刑事犯罪集

往来危険罪(おうらいきけんざい)

【法令・条文】

刑法第125第1項

鉄道若しくはその標識を損壊し、又はその他の方法により、汽車又は電車の往来の危険を生じさせた者は、2年以上の有期懲役に処する。

刑法第125条第2項

灯台若しくは浮標を損壊し、又はその他の方法により、艦船の往来の危険を生じさせた者も、前項と同様とする。

 【法定刑】

  • 2年以上の有期懲役
  •  

【解説】

電汽車往来危険罪(刑法第125条第1項)とは、鉄道・その標識を損壊し、又はその他の方法により、汽車又は電車の往来の危険を生じさせることによって成立する犯罪です。
「鉄道」には、軌道のほか、枕木、橋梁、トンネル等を含みます。
「標識」とは、信号機など、通行に必要な目標をいいます。
「その他の方法」とは、線路上に石等の障害物を置くこと、無人電車を暴走させることなどをいいます。
「往来の危険を生じさせた」とは、汽車等の衝突、転覆、脱線、破壊等その往来に危険な結果を生じさせるおそれのある状態を発生させることをいいます。
具体的には、線路沿いの土地を掘削した行為がこれに当たるとされます。
往来危険罪は、具体的な危険の発生を要する具体的危険犯です。
艦船往来危険罪(刑法第125条第2項)とは、灯台・浮標を損壊し、又はその他の方法により艦船の往来の危険を生じさせることをいいます。
「浮標」とは、水路の深浅その他艦船の航行上の安全を示す水上の標示物をいいます。
「その他の方法」とは、灯台の灯火を消すとか、艦船自体に工作するなどをいいます。
「艦船」については、規模ないし形状のいかんを問わず、櫓(やぐら)で進行する長さ4間2尺の木造船もこれに当たるとされます。

関連記事

16歳未満の者に対する面会要求等の罪

【法令・条文】 刑法182条 (十六歳未満の者に対する面会要求等) 第百八十二条 わいせつの目的で、十六歳未満の者に対し、次の各号に掲げるいずれかの行為をした者(当該十六歳未満の者が十三歳以上である場合については、その者 … 続きを見る

性的姿態等撮影罪など

【法令・条文】 性的な姿態を撮影する行為等の処罰及び押収物に記録された性的な姿態の影像に係る電磁的記録の消去等に関する法律 (性的姿態等撮影) 第二条 次の各号のいずれかに掲げる行為をした者は、三年以下の拘禁刑又は三百万 … 続きを見る
名古屋駅徒歩4分 無料法律相談実施中