刑事犯罪集

建造物等以外放火(けんぞうぶつとういがいほうか)

【法令・条文】

刑法第110条

第1項

放火して、前二条に規定する物以外の物を焼損し、よって公共の危険を生じさせた者は、1年以上10年以下の懲役に処する。

第2項

前項の物が自己の所有に係るときは、1年以下の懲役又は10万円以下の罰金に処する。

【法定刑】

  • 1年以上10年以下の懲役(第1項)
  • 1年以下の懲役又は10万円以下の罰金(第2項)

【解説】

建造物等以外放火罪とは、刑法第108条(現住建造物等放火罪)、刑法第109条(非現住建造物等放火罪)の各罪の客体に該当しない物を、焼損する犯罪です。

建造物等以外放火罪の対象は、自動車、航空機、人の現在しない汽車・電車、建造物に該当しない門・堀・橋・畳等です。

建造物等以外放火罪の成立には、建造物等が、「焼損」(火が建造物等に燃え移って燃焼する状態になること)することが必要です。

建造物等以外放火罪(刑法第110条第1項)の成立に、放火した者が公共の危険の発生を認識することを必要とするかという点につき、判例は公共の危険の発生の認識がなくても建造物等以外放火罪が成立するとの立場を取っています。

関連記事

16歳未満の者に対する面会要求等の罪

【法令・条文】 刑法182条 (十六歳未満の者に対する面会要求等) 第百八十二条 わいせつの目的で、十六歳未満の者に対し、次の各号に掲げるいずれかの行為をした者(当該十六歳未満の者が十三歳以上である場合については、その者 … 続きを見る

性的姿態等撮影罪など

【法令・条文】 性的な姿態を撮影する行為等の処罰及び押収物に記録された性的な姿態の影像に係る電磁的記録の消去等に関する法律 (性的姿態等撮影) 第二条 次の各号のいずれかに掲げる行為をした者は、三年以下の拘禁刑又は三百万 … 続きを見る
名古屋駅徒歩4分 無料法律相談実施中