刑事犯罪集

あへん煙輸入等(あへんえんゆにゅうとう)

【法令・条文】

刑法第136条
あへん煙を輸入し、製造し、販売し、又は販売の目的で所持した者は、6月以上7年以下の懲役に処する。
 

【法定刑】

  • 6か月以上7年以下の懲役

【解説】

あへん煙輸入等罪とは、あへん煙の輸入、製造、販売又は販売目的の所持によって成立する犯罪です。未遂も処罰されます(刑法第141条)。
 
「あへん煙」とは、直ちに吸食し得るあへん煙膏(えんこう)を指し、その原料である生阿片は含みません。
 
「輸入」とは、日本国外から日本国内に搬入することをいいます。領海・領空に入るだけでなく、陸揚げが必要となります。
 
なお、あへんに関しては、「あへん法」という別の法律があり、同法56条によれば、あへん法違反の罪が刑法の罪にも触れるときは「重きに従って処罰」されます。
 
そのため、刑法第136条(あへん煙等輸入罪)、刑法第139条(あへん煙吸食罪及びあへん煙吸食場所提供罪)、刑法第140条(あへん煙等所持罪)及びこれらの各未遂罪はあへん法の罪として処断されます。
 
また、今日では同じ薬物でも麻薬や覚せい剤等の不正使用が大きな社会問題となっており、これらに対処するための麻薬及び向精神薬取締法、覚せい剤取締法、大麻取締法等の特別法の存在が重要な意味を持っています。
 

関連記事

16歳未満の者に対する面会要求等の罪

【法令・条文】 刑法182条 (十六歳未満の者に対する面会要求等) 第百八十二条 わいせつの目的で、十六歳未満の者に対し、次の各号に掲げるいずれかの行為をした者(当該十六歳未満の者が十三歳以上である場合については、その者 … 続きを見る

性的姿態等撮影罪など

【法令・条文】 性的な姿態を撮影する行為等の処罰及び押収物に記録された性的な姿態の影像に係る電磁的記録の消去等に関する法律 (性的姿態等撮影) 第二条 次の各号のいずれかに掲げる行為をした者は、三年以下の拘禁刑又は三百万 … 続きを見る
名古屋駅徒歩4分 無料法律相談実施中