刑事事件の示談 / 弁護

1.刑事事件の流れに沿い、ご依頼者様の各種ご要望に応じた刑事弁護を行います。

刑事事件は、事件の発生から、警察や検察などによる刑事事件の捜査、起訴、刑事裁判という大きな流れがあります。そして、その流れに応じて各種ご要望が生じ、また、それを実現するために必要な刑事弁護活動があります。
当事務所では、刑事事件の流れに沿い、ご依頼者様の各種ご要望に応じた刑事弁護を行います。

2.刑事事件の内容ごとに弁護方針をたて、個々の事案に応じた刑事弁護を行います。

刑事事件は、窃盗や万引きなど被害者のいる事件と薬物事犯などの被害者のいない事件、性犯罪など被害者が女性に多い事件と誰でも被害者になりうる事件、交通事故などの過失による事件など、多種多様な事件があります。また、事件に至る経緯なども事案ごとにそれぞれ異なります。
当事務所では、刑事事件の内容ごとに弁護方針をたて、個々の事案に応じた刑事弁護を行います。

3.被害者との示談を重視した刑事弁護を行います。

被害者のいる刑事事件では、被害者との示談と加害者への刑事責任の追及は、密接に関連しています。被害者との示談の成立が、刑事事件化することを防ぎ、逮捕や起訴・前科を回避し、釈放や保釈、執行猶予や減刑につながります。
当事務所では、被害者のいる刑事事件では、被害者との示談を重視した刑事弁護を行います。

4.被害者との示談と刑事弁護の流れ

1. 被害者の意向及び情報収集

警察や検察などの捜査機関を通すなど、被害者からの同意・承諾のもと、被害者情報(氏名や連絡先)を収集します。
※ご依頼者様には、被害者に関する情報をお渡しできません。

2. 被害者に連絡

当事務所は、男性弁護士・女性弁護士、どちらも在籍しています。被害者の性別や年齢など事案に応じて、担当弁護士が被害者と連絡をとります。

3. 被害者に謝罪/誠実かつ丁寧な対応

当事務所は、男性弁護士・女性弁護士、どちらも在籍しています。被害者の性別や年齢など事案に応じて、担当弁護士が被害者と連絡をとります。

4. 示談書の作成と被害弁償

示談が成立した場合には、速やかに示談書を作成し、被害者に対する被害の弁償・回復を行います。

5. 各所への報告・立証

被害者との示談・被害弁償・被害の回復を、警察、検察や裁判所に、報告、主張立証します。

弁護士法人中部法律事務所は、名古屋エリア(愛知県、岐阜県、三重県)の接見・面会には即日対応、男性弁護士/女性弁護士、どちらも在籍しており、丁寧・誠実な対応で、刑事事件に強い法律事務所です。
被害者と示談してほしい、逮捕されたくない、釈放・保釈してほしい、接見・面会したい、不起訴にしてほしい/前科をつけたくない、執行猶予がほしい、無実・無罪を証明したい、家族が逮捕された、刑事事件を職場や学校に秘密にしたいなど、刑事事件・刑事弁護のご相談は、来所初回30分無料相談を受け付けています。