当事務所での手続きの結果

刑事弁護の成果

  • 被害者との示談成立
  • 不起訴処分(前科がつかない)
  • 釈放

事案の概要

名古屋市昭和区にお住まいのSさんは、事業を経営していましたが、共同経営者と口論になった結果、暴行を加え、相手にケガをさせ、逮捕(昭和警察署)されました。

 

※個人情報等保護のため、当事務所弁護士が実際に解決した刑事事件を元に、当事者に関する情報や事件に関する情報の一部に変更を加えて掲載しています。

具体的な刑事弁護活動

Sさんの刑事弁護を担当した当事務所弁護士は、

・取り調べの際の対応をアドバイスし、

・勾留期間(勾留延長有り。20日)中、昭和警察署へ計3回、接見/面会を行いました

・被害者に対して謝罪し、示談を成立させました

・被害者も、Sさんと今後も事業を共同して継続したいとの意向で、Sさんを起訴しないよう、不起訴にしてほしい旨の被害者からの嘆願書を取り付けました

 そのほか、Sさんに前科がないことや事業継続に不可欠であること、再犯可能性がないことなどを主張・明らかにして、その処分について検察官と交渉しました。

これらの刑事弁護の結果、Sさんは、不起訴処分となり、無事、前科はつかず、不起訴処分とともに直ちに釈放されました。

 

 

名古屋駅前徒歩4分の弁護士法人中部法律事務所は、丁寧・誠実・迅速な対応で、被害者との示談、刑事弁護に強い、法律事務所です。名古屋市内で起きた暴行や傷害などの暴力事件に関する法律相談は、当事務所の初回30分無料法律相談をご活用下さい。

 

ご利用にあたっての注意事項

● 2016年07月07日 現在の情報を掲載しています。掲載日以降の法改正や裁判例等には対応しておりませんので、必ず最新情報をご確認ください。
● 掲載情報の正確性の確保に努めてはおりますが、いかなる保証もするものではありません。万一、掲載情報のご利用によってご利用者様に損害が生じたとしても、当事務所は一切責任を負いません。実際の事件に使用される場合は弁護士等の専門家にご相談ください。
● 掲載情報の著作権は当事務所に帰属します。転載や商用利用等、自己使用以外のご利用は禁止となります。
● 掲載情報やアドレスは予告なしに変更又は削除することがあります。
● 掲載情報自体に関するお問い合わせやご質問は応じられません。