当事務所での手続きの結果

刑事弁護の成果

  • 不起訴処分(前科がつかない)
  • 釈放
  • 疑いをはらす/無罪を勝ち取る

事案の概要

名古屋市南区にお住まいのUさんは、名古屋市港区の被害者宅に侵入し、カメラやパソコンなどの金品を窃取したとして、逮捕(港警察署)されました。しかし、Uさんは、このような事件は起こしていない、あらぬ疑いであると主張していました。

※個人情報等保護のため、当事務所弁護士が実際に解決した刑事事件を元に、当事者や発生した事件の情報に変更を加えて掲載しています。

具体的な刑事弁護活動

Uさんの刑事弁護を担当した当事務所弁護士は、

・取り調べの際の対応、自白しないよう(やっていないことをやったと言わないよう)アドバイスし、
・勾留期間(20日)中、計4回、港警察署にて接見/面会を行いました
・Uさんは、被害品の一部を所持していたため、本件事件の容疑をかけられていたところ、検察に対して、Uさんが被害品を入手するに至った経緯、Uさんが住居侵入・窃盗した犯人であるとするには証拠が不十分であることなどを主張しました

これらの刑事弁護の結果、証拠不十分として不起訴処分として釈放、疑いをはらすことに成功しました。

 

 

名古屋駅前徒歩4分の弁護士法人中部法律事務所は、名古屋エリア(愛知県、岐阜県、三重県)の刑事事件に対応。刑事弁護のご相談は初回30分無料で受付中です。

ご利用にあたっての注意事項

● 2016年07月07日 現在の情報を掲載しています。掲載日以降の法改正や裁判例等には対応しておりませんので、必ず最新情報をご確認ください。
● 掲載情報の正確性の確保に努めてはおりますが、いかなる保証もするものではありません。万一、掲載情報のご利用によってご利用者様に損害が生じたとしても、当事務所は一切責任を負いません。実際の事件に使用される場合は弁護士等の専門家にご相談ください。
● 掲載情報の著作権は当事務所に帰属します。転載や商用利用等、自己使用以外のご利用は禁止となります。
● 掲載情報やアドレスは予告なしに変更又は削除することがあります。
● 掲載情報自体に関するお問い合わせやご質問は応じられません。