解決実積

3回目の覚せい剤使用で一部執行猶予判決が得られた事例

・保釈
・一部執行猶予付き判決

40代男性会社員 Aさん

ご相談前の状況

覚せい剤使用により逮捕、起訴された事件です。Aさんには同罪の前科が2件あったため、通常であれば執行猶予を得られない可能性も高い状況でした。

※個人情報等保護のため、当事務所弁護士が実際に解決した刑事事件を元に、当事者に関する情報や事件に関する情報の一部に変更を加えて掲載しています。

当事務所での手続きの結果

起訴後に保釈申請を行い、保釈が認められました。 保釈中、Aさんには薬物依存治療のための通院や改善プログラムを受けていただきました。また、情状証人を用意し、再犯防止のための真摯な取り組みを訴える情状弁護を行いました。 その結果、判決は一部執行猶予(刑期の一部を執行した後に釈放され、残りは執行猶予となる制度)付きとなりました。

ご利用にあたっての注意事項

● 2022年03月22日 現在の情報を掲載しています。掲載日以降の法改正や裁判例等には対応しておりませんので、必ず最新情報をご確認ください。
● 掲載情報の正確性の確保に努めてはおりますが、いかなる保証もするものではありません。万一、掲載情報のご利用によってご利用者様に損害が生じたとしても、当事務所は一切責任を負いません。実際の事件に使用される場合は弁護士等の専門家にご相談ください。
● 掲載情報の著作権は当事務所に帰属します。転載や商用利用等、自己使用以外のご利用は禁止となります。
● 掲載情報やアドレスは予告なしに変更又は削除することがあります。
● 掲載情報自体に関するお問い合わせやご質問は応じられません。