逮捕されたくない

―このままでは逮捕されるかも・・・逮捕が不安な方は、

  • 被害者に、被害届や告訴状を出すと言われた
  • 被害者から被害届や告訴状が出された
  • 警察から呼び出された
  • 任意同行や任意出頭を求められた
  • 警察から事情聴取や取り調べを受けている
  • 家など警察による捜索を受けた

刑事事件に強い弁護士法人中部法律事務所の弁護士にお任せ下さい―

―刑事事件と逮捕の誤解―

刑事事件が発生した場合、警察が犯人を特定したら、犯人は必ず逮捕されると誤解されている方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、これは大きな誤解です。警察は、全ての刑事事件・犯罪の容疑者・被疑者を逮捕しているわけではありません(平成26年度版犯罪白書によれば、検察が取り扱った刑事事件の内、被疑者を逮捕した事件は約3割です)。

法律上定められた逮捕の要件を満たす場合でも、刑事事件の事案の性質、被害の軽重、被疑者(いわゆる容疑者)の特性など、個々の事案に応じて、逮捕しない場合もたくさんあるのです。

逮捕されないために、弁護士だからできること

  • 弁護士が味方になり、逮捕への不安などの精神的負担を和らげます
  • 被害者との示談や警察へ対応などで、逮捕されないように刑事弁護を図ります
  • 警察署からの呼出しや事情聴取の際の対応など、アドバイスいたします

 

刑事事件・逮捕と刑事弁護の流れ

刑事事件の流れ

①刑事事件の発生
②逮捕までの捜査
③逮捕

逮捕・刑事弁護の流れ

※現行犯逮捕や逮捕までの捜査が被疑者に秘密裏に行われている場合、この限りではありません

①刑事事件の発生

  • 被害者との示談など、刑事事件化して逮捕に至らないよう弁護を図ります。

②逮捕までの捜査

  • 犯罪の嫌疑がない場合、誤認逮捕/不当逮捕がなされないよう弁護を図ります。
  • 被害者と示談、被害届や告訴状の取り下げを図り、逮捕されないよう弁護を図ります。
  • 警察からの呼出し、任意同行や出頭要請、事情聴取、取り調べを受ける際の対応や注意事項について、アドバイスします。
  • 逮捕の必要性(逃亡や罪証隠滅のおそれ)がないことを主張し、逮捕されないよう弁護を図ります。

③逮捕

  • 取り調べを受ける際の注意事項、対応をアドバイスします。
  • 逮捕された方との接見・面会を行い、差し入れや家族や会社との連絡を図ります。
  • 被害者のいる事件では被害者との示談、早期の釈放、起訴されない(不起訴・前科がつかない)よう弁護を図ります。 

 

どのような場合に逮捕されるのか

逮捕には、逮捕状を示して行われる通常の逮捕、現行犯に対する現行犯逮捕、重大な犯罪について緊急的に逮捕状を示さずに行われる緊急逮捕の3つがあります。このうち、逮捕されないよう弁護士が刑事弁護を行えるのは、逮捕状を示して行われる通常の逮捕の場合です。

○ どのような場合に逮捕状による逮捕がなされるのか・・・  

・被疑者に犯罪の嫌疑がある
・被疑者が逃亡するおそれがある
・被疑者が罪証隠滅するおそれがある
・(軽微な事件の場合)被疑者の住所が不定
・(軽微な事件の場合)被疑者が警察など捜査機関からの出頭要請・呼出し・任意同行や事情聴取を拒否した
※軽微な事件とは、法律に定められた刑罰が30万円以下の罰金,拘留,科料のいずれかとされている罪の事件をいいます。

○ 警察からの呼出し、任意同行、出頭要請、事情聴取に―応じたら、逮捕される?拒否したら逮捕される? 

・警察からの呼出しに応じても、必ずしも逮捕されるわけではありません。
犯罪の嫌疑が不十分など、逮捕の要件を満たさない場合に、警察が任意の事情聴取を要請することはよくあることです。また、逮捕の要件を満たす場合でも、事案の軽微性や被害者との示談の可能性、被疑者の特性等を考慮し、逮捕しないこともよくあります。
・警察からの呼出し等の拒否は、被疑者への嫌疑や逃亡・罪証隠滅の疑いを強め、かえって逮捕の可能性を高めます。
軽微な事件では、警察からの呼出し等の拒否が逮捕の要件となっており、むしろ、警察からの呼出し等に応じている限り逮捕されません。

○ 逮捕されたらどうなるの?

・最長48時間の身体拘束がなされます※
・警察署内にある留置所に留置されます
・警察官や検察官による取調べを受けます
・(接見が禁止されていない場合)家族など弁護士以外と接見・面会するときは、警察署員が立ち会います
・外部との連絡手段は、手紙(郵便)に限られます
・手紙の送受信の際には、手紙の内容を確認されます
※その後勾留が認められると、48時間経過後も身体拘束が続きます

 

Info

弁護士法人中部法律事務所は、男性弁護士/女性弁護士、どちらも在籍しており、丁寧・誠実な対応で、刑事事件に強い法律事務所です。逮捕されないか不安、逮捕される前の刑事弁護を引き受けてほしいという方など、刑事事件のご相談は、来所初回30分無料、15分無料の電話相談も受付しています!

 

関連記事

被害者と示談したい

被害者と示談したい ―被害者との示談は、刑事事件の結果を左右する大きな鍵! 被害届を出さない/告訴しないでほしい 被害届を取り下げ/告訴を取り下げてほしい 逮捕されたくない 起訴されたくない(不起訴にしたい・前科をつけたくない) 釈放・保釈 … 続きを見る

逮捕されたくない

逮捕されたくない ―このままでは逮捕されるかも・・・逮捕が不安な方は、被害者に、被害届や告訴状を出すと言われた被害者から被害届や告訴状が出された警察から呼び出された任意同行や任意出頭を求められた警察から事情聴取や取り調べを受けている家など … 続きを見る

前科をつけたくない・不起訴にしたい

前科をつけたくない・不起訴にしたい ―起訴されないことを目指すなら 前科をつけたくない ”前科者”は嫌だ 資格を取りたいので、起訴されたくない 資格を停止・喪失してしまうので、不起訴にしてほしい 起訴や前科によって影響を受ける資格が知りたい 刑事事件に強い … 続きを見る

釈放・保釈してほしい

―家族や大切な方が逮捕・勾留されたら早く釈放・保釈してほしい会社や職場、学校に行きたい、行かせたい留置所や拘置所を出たい、出てきてほしい家に帰りたい、帰ってきてほしいいつごろ釈放・保釈されるか知りたい刑事事件に強い弁護士 … 続きを見る

接見・面会したい

―家族や大切な方が勾留されたら勾留されている人と会いたい、話がしたい勾留された人と連絡を取りたい逮捕されている人に、手紙、着替えや現金を渡したい弁護士に、接見・面会をしてほしい接見にきてほしいと手紙が来たら、どうしたらい … 続きを見る

職場に知られたくない

職場に知られたくない ―刑事事件を秘密にしたい、仕事を続けたい被害者から職場に連絡すると言われている被害者が会社に連絡してきた警察からの呼出しや事情聴取・任意取り調べのために会社を休まなければならない逮捕されたので職場に行けない(無断欠勤・長 … 続きを見る

執行猶予にしてほしい

職場に知られたくない ―執行猶予が付くかは、刑務所に行くか行かないかの分かれ道罰金刑にしてほしい執行猶予にしてほしい刑務所には行きたくない/行ってほしくない仕事を辞めたくない/辞めてほしくない家で生活したい/家にいてほしい刑事事件に強い弁護士 … 続きを見る

無罪・無実を証明したい

無罪・無実を証明したい ―無実の罪を、警察に疑われている私はやってない僕じゃない濡れ衣を着せられた無実である無実の罪で逮捕や起訴をされたくない無罪判決を勝ち取ってほしい刑事事件に強い弁護士法人中部法律事務所の弁護士にお任せ下さい――その自白!! … 続きを見る